POSレジにはどのような機能があるのか

店舗における在庫管理や売上の増加に役立つPOSレジは、お客が商品を購入する際に様々な情報を入力することができます。そのデータを分析することによって、店内の在庫を管理したり売れ筋商品を特定するといった役に立つわけです。さらにチェーン店のように複数の店舗がある場合には、情報を共有することができます。他の店舗で得られた有益な情報を他のお店でも活用することで、売上を効率良く増やすことができるわけです。また在庫管理に関しても、店員がわざわざ棚をチェックする必要がなく、データのみで把握できるようになります。すると自動的にそのデータは倉庫や生産工場へと流れることで、必要な商品を確保して在庫切れを防ぐことができます。このように人件費をかけることなく効率的に商品管理ができるようになります。

商品管理が行えるメリットがあります

POSレジシステムは、お客が商品を購入した時点でお店の在庫が減ったことを本部に知らせます。その結果、自動的に仕入れのための指示が出されることになるわけです。この仕組みによって、店員が時間をかけて棚をチェックする必要もなく、効率的に商品の補充ができるようになります。さらに良く売れている商品を割り出すことができます。そのために仕入れる商品を売れ筋に絞ることで、効率良く売上を増やせるというわけです。また入力されるデータは商品に関するものではなく、例えばその日の天気や季節なども入力されます。つまり、どのような季節や天気であれば、どんな商品が売れているのかを特定することが可能となります。そこで、天気や季節に応じて仕入れる商品を変えることもできるのです。

生産管理にも役立てることができます

POSレジシステムは店舗内の商品の管理に留まらず、倉庫の在庫を管理したり生産管理にもつなげることができます。売れ筋商品は倉庫の在庫を確保しておかなければ、品切れになる可能性があります。そこで生産量を増やす必要があることがわかります。つまり今後の商品の販売数を予測することで、生産量を増やすことで在庫切れを回避できるようになります。そしてこの生産管理をうまく利用することによって、倉庫の在庫量を必要最低限に抑えることも可能になります。その結果、倉庫のコストを削減することで利益率を向上させることにつながります。このようにPOSレジシステムを活用することによって、あらゆる部署での効率化を進めることができるというわけです。その結果、利益率を高めることにつながります。