POSレジにはどのような種類があるのか

POSレジのPOSは「Point Of Sale」の略語で、日本語では販売時点情報などの意味になります。販売時点とは商品が売れた瞬間に売り上げが計上される、経営者はリアルタイムにお店の売り上げを把握する事が出来るなどのメリットを持っています。レジ打ちされた情報がシステムの中核になるデータベースに記録が行われて行くので、お店の売り上げがどのくらいになっているのかを知る事が出来ると同時に、在庫管理データベースなどと連携を行えば、在庫品が少なくなったものは自動的に発注を行う事が出来るシステムにも活用出来ます。こうしたレジシステムはスーパーなどが真っ先に導入を行った業界でもあり、現在では飲食店や居酒屋店などでも導入を行っている所が多くなっています。

スーパーなどが利用しているシステムの特徴について

スーパーなどの小売店では商品一つ一つにバーコードが付いていて、レジではバーコードを専用のスキャナーを使って読み取り、集計処理を行うので、その都度商品価格をレジ打ちするなどが不要です。レジ打ち操作が要らなくなるのでレジ操作にかかる時間を短縮出来る、バーコードを読み取ればレシートに印字が出来るので入力ミスを防止する事も出来ます。POSレジはバーコードを読み取るためのスキャナー、バーコードが付いていない商品をレジ打ちする時のためのタッチパネルなどの機能が付いているレジシステムです。商品に付いているバーコードには商品情報が記載してあり、レジシステムのスキャナーで読み取りをすると、商品情報を基にしてデータベース内で検索を行い、金額をレシートに印字するなどのシステムになっているのが特徴です。

飲食店や居酒屋店などが利用しているシステムの特徴

飲食店や居酒屋店でもスーパーなどと同じようにPOSレジを導入しているお店が増えています。しかし、飲食店や居酒屋店などの場合、スーパーとは異なり売る商品にバーコードが付いていないので、専用スキャナーなどが付いているものとは異なります。飲食店や居酒屋店などの場合は、専用端末を使ってお客さんからのオーダーを取る、その情報をメインシステムに送信を行うと、注文記録が残ると同時に、お店の売り上げがリアルタイムに計上されて行く事になります。そのため、業種は異なっていてもスーパーなどと同じようにリアルタイムに売り上げを把握出来るなどのメリットがあるわけです。さらに、飲食店などでは注文を受けると同時に、会計処理が出来るので、お客さんが支払いをする時には既に集計までが完了している、お客さんを待たせる事なく会計が出来るなどのメリットもあります。