POSレジを導入するために必要な費用

POSレジの「POS」とは、「Point of sale system」の略語で、「Point of sale system」は販売時点情報管理などの意味を持ちます。従来のレジと比較した場合、レジ操作性が向上している事、レジ操作を行うと同時に売り上げや在庫管理をスピーディーに行う事が出来るなどがあります。例えば、スーパーなどの小売店で利用していた従来型のレジは、商品に記載してある金額を目で見てからレジ打ちを行い、集計処理を行った上でレシートに印字を行うなどが必要でした。スーパーなどのお店の場合、特売日などでは販売価格を変更するなどの手間が必要になりますし、レジ打ちを行った後に集計を行う事で1日の売り上げを計上する形になるなど、レジ打ち後の作業工数が多く掛かっていたのです。しかし、POSシステムはバーコードで商品情報を読み取る、それを他のシステムとの連携で情報を引き出し、レシートへの印字と情報の蓄積をリアルタイムに行えるようになっています。

スーパーなどのお店で導入するためのシステムとは

スーパーなどのお店に置いてある商品にはバーコードが付いていて、バーコードを専用のスキャナーで読み取る形でレジ操作を行っています。バーコードに記録してある情報は商品価格ではなく商品情報です。スキャナーでバーコードを読み取ると商品情報をデータベース内で検索を行って商品の価格を取り出し、それをレシートに印字すると同時に、売り上げを集計するためのデータベース、在庫管理データベースから必要数をマイナスするなどをリアルタイムで行う事になります。スーパーなどで使用するPOSレジは専用端末とスキャナー、商品情報や在庫管理、売り上げなどを管理するデータベースなどのシステム構築が必要になります。データベースなどのシステム構築費用、サーバーの設置や管理費用、そしてレジシステムの端末機などの費用が必要です。

飲食店では専用端末を使用してレジ打ちします

レストランや居酒屋店で使用するPOSレジは、スーパーとは異なり商品バーコードそのものがないので、注文を取る時からシステムを利用する形になります。従業員が使用する専用端末は、お客さんが注文を行う時に使用するメニューと同じ画面が表示され、お客さんからの注文を従業員はタッチパネルなどを使って注文を確定して行きます。専用端末は無線で本体に送信が可能なハードウェアで、本体が受信すると同時に売り上げ管理を行っているデータベースや会計処理を行う管理システムで情報が管理される事になります。飲食店でのPOSレジに掛かる費用としては、本体システム、注文を受ける際に使用する専用端末の費用、データの送受信を管理するためのシステム、売り上げおよび仕入れ管理などのシステムが必要になります。